みっとらびっと ミツゴロウのブログ

なんかいろいろつくるかも

ミツゴロウです。
くらみゅー第2弾、Ver1.01が公開されました。
遊ぶ方はこちら。→ https://www.freem.ne.jp/win/game/24153
現時点ではまだ実装していませんが、「くらげ検定」というプレイヤーの実力をはかるモードを将来実装する予定です。beatmaniaIIDXでいう「段位認定」ですね。
現時点での課題曲を発表します。下記の「受験方法」を見て参加してみてください。

受験方法

受験資格 とくになし。くらみゅーをダウンロードしてくれればだれでも。
受験料  フリーゲームだから1円もかかりません。
必要な道具 WindowsのPC、くらみゅーのEXE
注意 現状はゲーム内のモードとして実装されていません。将来ゲーム内に実装される予定ですが、ルールが変更されます。

受験の流れ
  1. 10級~1級のどれかを選択する
  2. 下記の課題曲を見て、1曲目から順番にプレイ。
  3. ノーマルゲージをクリアしたら次の曲に進めます。そのとき、その曲のMISS数をどこかにメモしてください。クリアできなかったらその時点で不合格です。
  4. 4曲すべてクリアしたら、その4曲のMISS数を合計します。99以下であるならばその級は合格です。100を超えてしまったら残念ながら不合格です。
  5. できたら、そのプレイ結果を #くらみゅー タグをつけてツイートしてください。

課題曲

Ver. 曲名 難易度 Lv. Notes
10級
1 初代 いにしえのひろば ふつう 4 208
2 第2弾 Crystal of light ふつう 4 276
3 初代 おーたむうぉーきんぐ ふつう 4 252
4 初代 Access & Connect ふつう 5 292
合計→ 17 1028
9級
1 初代 White Base ふつう 5 291
2 初代 ナツゾラ ふつう 5 281
3 初代 Blossom! ふつう 6 279
4 第2弾 POPSTAR ふつう 6 281
合計→ 22 1132
8級
1 初代 アクアリズム ふつう 6 310
2 第2弾 FUTENYAN ふつう 7 388
3 初代 いにしえのひろば たいへん 7 384
4 初代 超生命体のテーマ たいへん 7 348
合計→ 27 1430
7級
1 第2弾 Crystal of light たいへん 8 484
2 第2弾 たつた姫プリル ふつう 8 430
3 初代 Access & Connect たいへん 8 434
4 第2弾 The Secret of Azure たいへん 9 586
合計→ 33 1934
6級
1 初代 StarLight たいへん 9 600
2 第2弾 POPSTAR たいへん 9 413
3 初代 Blossom! たいへん 10 446
4 初代 ナツゾラ めちゃすご 10 629
合計→ 38 2088
5級
1 初代 Chip Seekers たいへん 10 642
2 第2弾 CHALLENGE めちゃすご 11 531
3 初代 超生命体のテーマ めちゃすご 11 555
4 第2弾 全力で逃げる時のBGM たいへん 11 777
合計→ 43 2505
4級
1 初代 Shoot Out めちゃすご 12 711
2 初代 おーたむうぉーきんぐ めちゃすご 12 673
3 第2弾 ふしぎ・ちぇっく めちゃすご 12 573
4 初代 9999 めちゃすご 13 792
合計→ 49 2749
3級
1 初代 White Base めちゃすご 13 871
2 初代 アクアリズム めちゃすご 13 690
3 第2弾 Orange Cake 'n' Red Juice めちゃすご 13 843
4 初代 Starland めちゃすご 14 962
合計→ 53 3366
2級
1 第2弾 Ending of winter めちゃすご 14 754
2 第2弾 たつた姫プリル めちゃすご 14 820
3 初代 Multiple Personality -くらげEdit- めちゃすご 14 1077
4 初代 ついんふぇありーず めちゃすご 14 1126
合計→ 56 3777
1級
1 第2弾 The Secret of Azure めちゃすご 15 1093
2 第2弾 プラヌラ スキフラ めちゃすご 15 1039
3 第2弾 Go! Maiko Go! めちゃすご 15 876
4 第2弾 Map & Ticket めちゃすご 16 909
合計→ 61 3917


なお、課題曲発表時点で作者以外で1級に合格している人がすでにいます。
弐寺の十段よりは圧倒的に簡単なので、音ゲーマーだったらあっさりと攻略できると思います。
逆にふつうのひとは10級や9級でも苦戦するかもしれません。音ゲーなので練習量がものをいいます。たくさんプレイすれば上達するかもしれません。

まだ正式なゲームモードではないので、1種の参考に。

プレイリザルト待ってます。

みっとらびっとのミツゴロウです。

Ver1.01


12月20日に、くらげみゅーじかる(くらみゅー)のバージョンアップを行います。
今回のアップデート(Ver1.01)は、
  • 新曲13曲追加
  • ゲージ増加 / 減少量の調整
  • 細かいバグ修正
となっています。

アップデートしたらふりーむ様で公開します。しっかりとダウンロードするのだぞ。
https://www.freem.ne.jp/win/game/24153

新曲追加

今回アップデートでは13曲52譜面が新たに追加されます。
今回は多くの作曲者から曲を集めています。(一部フリーBGM)
曲名 作曲者、出典 難易度
たつた姫プリル チルゴロウ / 「ColorfulTone」より 4 / 8 / 11 / 14
プラヌラ スキフラ ShinaLi / 「ColorfulTone」より 3 / 5 / 9 / 15
FUTENYAN mahou 3 / 7 / 11 / 15
ふしぎ・ちぇっく 十字ロ 3 / 5 / 8 / 12
Go! Maiko Go! Nego_tiator 4 / 7 / 10 / 15
Map & Ticket RedMuffleR 4 / 7 / 10 / 16
Ending of winter Naki 2 / 5 / 9 / 14
Orange Cake 'n'
Red Juice
Smile storm
/ 「アオイロ*マーチ」より
4 / 7 / 9 / 13
The Secret of Azure Landolt Plaster feat. 月田桜菜
/ 「Celestial Shooter」より
2 / 4 / 9 / 15
Crystal of light FLASH☆BEAT / DOVA-SYNDROME 1 / 4 / 8 / 12
CHALLENGE table_1 / DOVA-SYNDROME 1 / 4 / 7 / 11
全力で逃げる時のBGM Tenkichi / DOVA-SYNDROME 3 / 6 / 11 / 16
POPSTAR yusuke karino / DOVA-SYNDROME 3 / 6 / 9 / 13

楽曲提供者のみなさん、ありがとうございました。

ゲージ増加量・減少量の調整

前バージョンよりもクリアしやすくなりました。
ノーマルゲージ、ハードゲージともにゆるくなっています。
ひとつ上のレベルにも挑戦してみよう。

今後の予定

くらみゅーはまだまだ更新を続けていきます。
未公開曲のストックはまだ20曲近く残っています。譜面ができ次第順次公開していく予定です。

音ゲーの腕前を評価する「段位認定」モードみたいなものも将来実装したいですね。
4曲続けてプレイし、最後までゲージを0にしなかったら段位認定、というモード。beatmaniaIIDXやSOUND VOLTEXではおなじみ。
果たして需要があるのだろうか?

また、くらみゅーはスマホアプリ化(今のところAndroid)に向けて、本体を0から作り直しています。
使い慣れたSiv3DではなくUnityでの開発となるので、未知との遭遇ばかりです。こちらの開発はかなり長い期間を要しますが、気長にお待ちください。

ということで、2021年もみっとらびっとをよろしくお願いします。

1_5
自作パズルゲーム「置いテク」企画より、テックちゃん (©工大祭実行委員会 / ヒダ)

大変お久しぶりです。
ここ3年間まったくブログを更新していなくて申し訳ありませんでした。

ここ最近の近況について

2017年あたりから開発を続けていた「置いテク」企画ですが、残念ながら3年たっても完成しませんでした。
理由は、ゲーム容量をあまりにも多くし過ぎたからです。某大乱闘ゲームのように、80キャラが戦うパズルゲームを作るのは、あまりにも無謀な話でした。
たくさんのサークルとコラボしたのはいいけど、その管理体制に無理があったのも完成しなかった理由の1つです。

置いテク企画は、2020年8月に開発中止にしました。楽しみにしてた方は申し訳ありませんでした。


また、サークル名を「みっとらびっと」に変更しました。
この変更は、再スタートの意味合いが強いです。

次のゲーム制作について

20201010-214325-161
実は、次のゲーム企画はもう完成しています。
その名も、「くらげみゅーじかる」です。略して「くらみゅー」。

8月の終わりころから1か月半でスピード開発しました。OpenSiv3D製
ゲームジャンルは、自身初の音楽ゲーム(音ゲー)です。
今までマホウさん作の「ColorfulTone」に何曲か楽曲を提供してきましたが、自分の音ゲーを持ちたくなったこともあり、独立しました。独立といっても、今までに公開した譜面はColorfulToneでも遊ぶことができます。

このゲームは、画面が左に3列、右に3列と別れています。
一般的な音ゲーは上から下、または奥から正面に流れていく機種が多いですが、くらげみゅーじかるのような視点構成してるものはあまりないと思います。

操作にはキーボードのテンキーを使います。テンキーの[1][4][7](or[2][5][8])が左列、[3][6][9]が右列に割り振られています。

20201010-211100-184
収録楽曲数は、Ver1.00現在15曲と少なめですが、今後のバージョンアップで40曲までは増える予定です。増やせるだけ増やしたいです。

ゲームの公開

ふりーむ様で公開しました。
https://www.freem.ne.jp/win/game/24153
たくさんプレイしてリザルト画面を見せてね!

これからも、サークルみっとらびっとをよろしくお願いします。

チルゴロウです。

今年3月から工場で働くようになりました。学生生活はもう終わってしまったのです。
ただ、残業がそこまで地獄ではないところだったので、ミツボシクリエイターズ(ミツCre)としての活動は続けることはできそうです。制作速度は落ちますが。

現在ミツCreでは、置いテクという新たなパズルゲームを製作中。全国の大学ゲーム制作サークルが集まって戦う、いつものノリです。
IMG_2979
画像のようなアナログ試作品を「Game^3」で発表しました。これをPCゲーム化させようと思っています。
試作品を試したところ、いろいろな仕様変更が生じたため、前回記載した置いテクの仕様からだいぶ変わると思います。
これからもミツボシクリエイターズをよろしくお願いします。

チルゴロウです。

今年もいろいろありましたね。今日は大学サークルがどこが強いのかを、ハッキリとさせてしまいます。

審査基準 

上から順に、重要度が高い。
  • 作品の質
    クオリティです。細かいところまでゲームの面白さが盛り込まれているか
    多少、チルゴロウの好みが入ってしまうかもしれない
  • 作品量
    数が多いほど活発という証拠
  • 展示体制
    展示ブースが工夫されているかです
  • 広報活動など
    外部への発信が活動的かどうか
これらの要素を総合して、「最強クラス」「強豪」「中堅」「普通」で分けようと思います
 
 関係ないモノ
  • 大学の偏差値
    基本的に高い方が強豪サークルのことが多く、何らかの相関はありそうだけど、ここはみてない
  • ゲーム制作以外のもの
    DTMやイラスト、ハードウェアなど、サークルによっては別の分野にも手を付けているので
  • 企画人数
    個人作品でもすごいものとかあるし。

結果発表 2017/06/05更新

最強クラス

  • 東大 - ノンリニア
    日本一の難関大、東大にあるサークル。今年はやや不調だったらしいが、それでもなお強い。作品の平均的なクオリティは他サークルを大きく突き放す。
    今年の冬コミでは、俗にいう「壁サークル」に配属されて同人ゲーム界全体でみても強い。

強豪サークル

  • 早稲田 - 経営情報学会MIS.W
    もうすぐで設立50年。歴史の長いサークル。
    今月リリースされた音楽ゲーム「RHYTH-METRIA」の完成度は非常に高い。全体的に音楽班の技量が高い。あと1歩で最強クラスになれるサークルだ。
    「みすちゃん」
  • 東工大 - デジタル制作同好会traP
    設立から2年で一気に成長した東工大のサークル。
    ゲーム展示イベント「Game^3」の主催を、ロ技研から譲り受けた。今後も大きく成長すること間違いなし。
    「ぽのこ」(「テックちゃん」)
  • 千葉大 - 電子計算機研究会CCS
    普段は、ネタを仕込んだミニゲームで勝負するサークル。コミケの常連。
    他のサークルが思いつかないような自由な発想が長所。でも、ゲームの面白さを確実にとらえている。
    その優れた制作力から、将来個人や同人で活躍していく人が多い。
    「なめくじ」
  • 名工大 - コンピュータ倶楽部NITMic
    名古屋のサークル。今年はアクシデントのため詳しくサークルを見ることはできなかったが、強豪に入るくらい強いと思われる。今年の活動がWebに反映されていないのが気になるが……
    「プリル」
  • 電通大 - X680x0同好会
    ミニゲームの大量生産と、学祭への展示に力を入れているサークル。黄色いジャケットといったらロッパさんだ。今年は例年より作品数が少なく、やや不調気味だったか?
    「エック☆ちゅ」
  • 芝浦工業大 - デジクリ
    地元に愛されるサークル。今年はコミケにも進出。
    制作の実力はなかなか高い。
  • 埼玉大 - 埼玉ゲームプロダクションSGP
    数人規模のプロジェクト制。16年冬コミで初めて出会う。
    「レイン(&スライム)」

中堅サークル

  • 東工大 - ロボット技術研究会
    ロボットサークルとして見れば非常に強いサークル。ゲームプログラミング班もあり、活動内容が広い。traPサークルとの兼部も多い。traPサークルができたため、数年後はどうなってしまうのだろうか? ロボット専門になるのかそれとも……
    「ギミック」(「テックちゃん」)
  • 首都大 - ゲーム制作サークルAR会
    昔は弱小だったけど、サークル内改革が行われ、徐々に力を持つようになったサークル。コミケにはいないが、Game^3の常連。これからの活躍が楽しみ。
  • 慶應大 - デジタルコンテンツ制作サークルCoMP
    今年大学公認になった新しいサークル。チルゴロウの活動のように、他サークルとの交流を積極的に行っている。将来的に有望なサークル。
    「こんぷちゃん」
  • 早稲田 - 早稲田コンピュータエンタテインメント
    Siv3Dが生み出された場所。グラフィック班と音班の素材は申し分のないクオリティ。プログラム班は、「遊びやすさ」の面でもう少し頑張ってほしい。
    「WCE ALL STARS」の、過去作品からキャラを集めるスタイルは好き。
    「シューマッハ」(「Siv3Dくん」)
  • 千葉工業大 - ソフトメディア研究会
    プログラム・DTM・マルチ班(イラスト)で分かれているが、ゲーム制作は各班が協力して行われる。5分でプレイできるゲームがモットー。
    2017年春の音ゲー企画がすごい。
    「いもむし」
  • 埼玉大 - 埼玉ゲームプロダクションSGP
  • 数人規模のプロジェクト制で制作している。16年冬コミで初めて出会う。
    「レイン(&スライム)」
  • 広島大 - GameSoftwareDevelopers’ Club
    ここも数人規模のプロジェクト制。音楽班がオーケストラ系楽曲が得意。
    「ジステオさん」
  • 明治大 - エレクトロニクス研究部
    小さいネタゲーで攻めるという点は、千葉大CCSと似ている。1つ1つの完成度が上がれば強豪入りも近い。ちなみに、サークルホームページにはチルゴロウ本人のすがたが……!?
    「ルシファー」

  • 京大 - マイコンクラブKMC
    コミケの常連。京大のサークル。技術的なことはかなりすごそうなのだが、ゲームの方は特段すごいというわけではなさそうだ。大学祭に一度も行っていないので、まだ実態はつかめていない。
    「アルク」
  • 法政大 - 計算技術研究会K3
    部員ごとに作るものが自由すぎるサークル。年に1本くらいはなかなか面白い作品を作ってくれる。
    既存ゲーの再現ではあるが、有名な音ゲーを、プログラムとデバイスの両方を1から作った企画もある。
    「AB」
  • 東大 - 理論科学グループTSG
    ゲーム制作というより、技術特化がやばいサークル。MNEMOの完成度はすばらしい。
  • 慶應大 - Keio Computer Society
    技術特化がやばいサークルその2。いちおう3Dアクションゲーム等をリリースしている。

ふつうのサークル

  • 東大 - マイコンクラブUTMC
    まい子ちゃんというマスコットがかわいいサークルだが、今年は5月祭も駒場祭もブース無し。
    昔はコンピュータサークルとしてそこそこすごかったらしいが、今はふつうレベル。
    「まい子」「こん子」
  • 理科大 - 情報技術クラブITC
    例の白いおもちさんで有名なサークル。ネタゲー特化型サークルのように見えるが、おもち以外でネタゲーが作られているのを見かけていない。
    「超生命体」
  • 理科大 - 神楽坂一丁目通信局
    今年は確認していないが、活動形態はITCさんと大体同じ。DTMがそこそこ強く、理科大から多数の同人作曲家を輩出している。
    「超生命体」
  • 電通大 - TeRes
    毎年恒例のAI対戦企画が面白い。個人制作でゲームの配布等は基本ないのだが、それにしてはそこそこ強い方。
    「ステージギミックなめくじ」
  • 筑波大 - AmusementCreators
    北関東にあり、Altseedの発祥地。そんな昔からあるわけでもなく、規模もあまり大きくないようだ。
    「アリシア」
  • 秋田大 - プログラミングサークルTNP
    東北地方のサークル。コミケにはよく参加している。個人制作主義なので、ふつうクラス。
  • 東京工科大 - CreativeStaff
    チルゴロウの出身サークル。すごくチーム制作主義。それゆえ毎年の作品数は少ない。ここ数年で部員数が大幅減少してしまった。個々の制作作品はそれなりに大きめで、ほとんどの作品が外部公開されている。初代ホシケスもあるよ。
  • 青山学院大 - ゲームファクトリー+
    展示教室の雰囲気が良いサークル。作品内容はとがっていない。
  • 中央大 - 情報工学研究部
    学年ごとに活動が分かれているのが特徴。たまに変にすごい作品が作られたりする。
  • 電機大 - ソフトウェア研究部TDU-SRC
    ゲームプログラミングではそこまで業績を上げていない。この前の戦車操縦シミュレータがそれなりによかったくらい。
  • 電機大 - 2部ソフトウェア研究部SOFKEN2
    電機大の夜間学部が中心の、もう一つのソフ研。今年のゲーム作品は、こちらに軍配。
  • 芝浦大 - 電子計算機研究会DEN3
    どちらかといえばハードウェア寄り。
  • 東京工芸大 - プログラミング研究会PRO研
    自分が知る限りでは最も大学の偏差値が低い。一度だけ飛び出たクオリティの作品は見たことあるけど、それ以外ではスキル不足感が離れない。
  • 横浜国立大 - SCITEX
    ちょっと昔はそれなりに作品作るサークルではあったが、今では廃部寸前に……

思えば、こんなにもたくさんのサークルと関わってたんだな…… まだまだ、名前を知ってはいるけど関わったことないサークルが結構あるので、この表はこれからも埋めていきます。

これからも、ミツボシクリエイターズをよろしくお願いします。 

↑このページのトップヘ