ミツボシクリエイターズ チルゴロウのブログ

ミツボシクリエイターズは、チルゴロウとそのまわりの人たちでPCゲームを作り出そうとしている。

今年もやります。大学祭めぐり。

第14回は11月19日、名古屋工業大の工大祭に行ってきました。
そうです。東京から350km離れた名古屋です。

テックちゃん「工大祭って、おおおかやまだけじゃなかったの?」
落単古墳マン「そうだよー」
落単古墳マンは、名工大工大祭のマスコットキャラ。構内に古墳があり、それにのぼると単位を落とすという都市伝説があるらしい。

22: コンピュータ倶楽部(NITMic)

名工大のゲーム制作サークル。工大祭での作品制作のほかに、「U-22プログラミングコンテスト」へも積極的に参加している。多数の企業がスポンサーとなっているガチな大会だ。意識の高さを感じる。

サークル属性 小規模チーム制作 / 複数人プレイの作品が多い

チームはプログラマ1人、イラスト1人、サウンド1人の3人体制で制作される。プログラマー1人1人がそれぞれの作品を作っていき、イラスト班とサウンド班がそこに配属されるスタイル。中には2つの班を兼任し、2人で作るチームも。
工大祭の作品は、なぜか2人以上で対戦するものが多い。サークルの方針なのか、詳細は不明。

配布・販売 積極的ではない。

サークルページのダウンロードページは存在するが、まだ3本しかない。工大祭では10本以上の作品が上がるのだが、そのほとんどは工大祭で出して終わりのようだ。名古屋という位置的な関係上、コミケ等にもいかないようだ。

いってみて

名工大工大祭には14時40分頃に到着。そしてNITMicさんのブースには15時00分に到着。しかし、今までのパターンにない罠に引っかかってしまった。
なんと、展示時間は15時30分までだったのだ! 大学祭は一般的に17時までやっている場所がほとんど。今まで行った場所は全てそれが当てはまるので、今回終了時間の罠に引っかかってしまったのだ。こんなにも早く終わってしまう大学祭は前例がなかった・・・
そのためろくにプレイすることができなかった。サークルの話もまともに聞くことができなかった。

こんなに早く終わるにもかかわらず、ブースは待ちが5人できるほどの盛況。 ・・・チルゴロウは落胆した。
ブースは全作品を起動ランチャーに入れて展示する形式で、PCは4台くらいだっただろうか?(うろおぼえ)
ゲームパッドは4人分完備と、PC台数以外の展示体制は整っていた。収録作品はクリアファイルにまとめられた一覧が用意されていた。これもたいへんよろしい。待機中にこれを見ることができるからだ。

注目「GoatGhost」
36

ドットがきれいな横スクロールアクション。
攻撃方法が特殊で、自動追尾する青い弾を使って攻撃する。
本来狙いを合わせたり敵の至近距離まで近づく必要がある攻撃要素を、自動追尾弾にしてしまう大胆な発想。そのまま考えると難易度は大幅に下がってしまうように見えるが、ボスはしっかりと避ける必要があるのでそこまでヌルゲーにはならなかった。

このゲームは、以前記事にした「ColorfulTone」の作者、マホウさんが作っている。プログラムと絵の両方を担当したそうだ。

主人公のプリルちゃんがかわいい。

置いテクについて
(プリルちゃん出したいなぁ…)

(当日は15時30分で撤収してしまって、置いテク参戦の話をまともに話せなかった。)

その後、チルゴロウは21時発の深夜バスに乗ってフック岡へ・・・
次回:  サイハテ大⑨州。圧倒的人気のフックちゃん。 11/20(日)
つづく。

今年もやります。大学祭めぐり。

第13回は11月19日、東京理科大の葛飾地区理大祭に凸してきました。
今週は、東京→名古屋→福岡という、総移動距離2000㎞超の発想がおかしい移動計画があります。その最初に訪れたのが理科大です。

21: 情報技術クラブ(ITC)

理科大の葛飾キャンパス完成と同時に結成されたサークル。サークルを作ったメンバーは葛飾キャンパス移転前、神楽坂一丁目通信局に所属していた人が中心だった。今ではすっかりメンバーチェンジしている。

サークル属性 個人~小規模チーム制作・伝統は受け継ぐ主義 / 凸<??

作る作品は1人~数人で作る。プログラム班とDTM班、イラスト班があり、各班はゲーム制作による連携はある。でも、DTM班・イラスト班はゲーム制作主体で動いているわけではないようだ。
ミニゲーム的なものがほとんど。過去には「もすとしょっと」という比較的大規模なSTGが作られたこともある。
このサークルの作品は、DxLibのものが多い。(Unityもそこそこ増えた)
また、作品に添付されるReadmeのフォーマットも、サークルが用意した形式に沿って作られている。これは神楽坂一丁目サークルから受け継がれているものらしい。

このサークルには、「超生命体(凸)」というおもちみたいな生き物が伝統になっている。(サークルのマスコットキャラは、これとは別に用意されている) ITC作品のうち、3割くらいはこの超生命体が登場する作品だったりする。

配布・販売 大学祭で販売。デジゲー博やコミケにも出る。

大学祭作品はその場で販売。同時にDTM班の音楽CDも。
今年のデジゲー博は、残念ながら抽選に外れてしまったようだ。自分が出展した昨年のデジゲー博は、ミツボシクリエイターズのとなりがITCさんだった。時期的にほぼ同じなので、デジゲー博と学祭展示はほぼ同じものが収録されている。

凸してみて

今回ITCさんの直後に一気に名古屋まで行くという無謀な計画を立てている影響もあり、90分しか滞在時間がなかった。正直作品集が買えるからそれやればいいやって感じだった。
部員が変わったせいか、前よりも元気がなくなってるような気がした。設立当時のメンバーが強すぎるだけかもしれないのだが。

理科大のサークルメンバーは、将来的に独立してすごいことをする人が多い。特にDTM班は、同人音楽イベント「M3」にCDを出す人が多い。(サークルとしても出すが、それとは別に)
ゲームセンターにある音楽ゲームに曲が採用された優れた人もいる。
(※今回神楽坂キャンパスには行けなかったので、神楽坂一丁目通信局との共通項も一緒にまとめている)

注目「SIPEMOT」
超集合体

プレイヤーの中に眠る「力」を見つけ出し、それを鍛えるというもの・・・らしいが、ほとんど運ゲー。超能力なんて関係なかった。
「念力(運ゲー)」「透視(運ゲー)」「サイコメトリー(運ゲー)」「物体生成(上の画像。論理的要素がすこし含まれる運ゲー)」「祈り(という名スタッフロール。運ゲー)」の5つが収録されている。運ゲー。
作者曰く、99%が運のゲームが作りたかったらしい。
画像の「物体生成」は、キーボードのA~Zを押して、1つだけある超集合体生成ボタンを見つける。アルファベット順で前後2個以内のボタンを押すと、うっすらとカゲが出るヒントが生じる。5回まで試行できる。解き方を知れば成功確率は1/2くらい?

「超集合体」というのは、サークルの本当のマスコットキャラ「はかせくん」(青いやつ)と、超生命体がたくさん集合したもの。超生命体とはかせくんの作者は同一人物。なぜかはかせくんよりも超生命体の方が有名になっちゃったけど・・・?

ぶっちゃけいうとこれとは違うSTGの方がクオリティは高かったけど、ITCといったら超生命体ってくらい超生命体の印象なので、これを選んだ。

置いテクについて
ITCMochi_s1
ITCといったらやっぱり超生命体! ホシケス2時代の早い段階から参戦が決まっているのだ。
BGMはメンバーの1人、十字ロさんによる専用テーマが使用される。凸<じゃんじゃんじゃんじゃんテーッテレテーッテレテー!!
HPが非常に高い。勝つと王様化し、負けるとパァァン(破裂)。

滞在時間がギリギリで、新幹線に乗るのがギリギリでした。

次回:  チルゴロウ、落単古墳の前で落胆する。 11/19(土)後半
つづく。

今年もやります。大学祭めぐり。

第12回は11月18日、慶應義塾大の三田祭に行ってきました。
慶應の人たちは他の大学よりも学祭中の客引きが物凄いレベルで行われていて、こいつらコミュ強だ・・・ という印象を受けた。ちょっぴり怖かった。

20: Computer Society(KCS)

結成は1959年。歴史の長いサークル。当時は「電子計算機研究会」という名称を使っていたようだ。

サークル属性 個人制作

根っからのプログラミングサークル。DTMもする。とても技術寄りなサークル。個人制作主義で、PCに関するモノだったら何をしてもいいようだ。

配布・販売 コミケに出てる。Androidで公開している人もいる

CoMPサークル同様、慶應のサークルとして認知していなかった。コミケではDTMの曲以外にもプログラム作品を出しているようだ。詳しい実態は未確認のため分かっていな。

いってみて

今年はVR元年というだけあって、VR作品を一番の売りにしてた。VR作品が3本あるのは今までの中では最多。
アクションシューティング×2と、音ゲーがあった。(ただし資料がなくここでは詳しく紹介できない)
その他、動画画像の2値化(白と黒に分ける)プログラムや、「いらすとや」判定機、あとは「Gochiusa言語」という謎に満ちたプログラム言語を開発した人がいた。

注目「スピンアクションクリエイター」
27

これはVRではないのだが、3Dのアクションゲーム。くるっとスピンをして攻撃をする。敵を倒しながらゴールを目指すというルールはいたってシンプルなもの。同じステージ中に、ステージ分岐があり複数のゴールがある。
「クリエイター」というだけあって、ステージを作ることもできる。メインシナリオのステージを進めることによって、編集できるオブジェクトが増えていく仕組みだ。ステージ設計しやすいように、床オブジェクトはキューブ形状を採用している。
3Dアクションを作れるのはなかなかないと感じた。

このゲームはUnity製で、Androidでもプレイできるようになっている。AndroidStoreで公開もしているらしい。
しかし、ちょっと重くて操作方法が複雑・・・ 日本人にはあまり受けが良くなかったらしい。(作者談)

このゲームはたった1人で作られたものだ。テクスチャやサウンドは自作なのかどうかはわからないが、ここまでのものを1人で作り出せるのはなかなかいない。

・・・ゲーム以外のプログラムの分野はやってるレベルが高すぎて、よくわからない作品が多かった。強い・・・

次回:  凸<じゃんじゃんじゃんじゃんテーッテレテーッテレテー! 11/19(金)
つづく。

今年もやります。大学祭めぐり。

第12回は11月18日、慶應義塾大の三田祭に行ってきました。
慶應といったら早稲田に並ぶ私大の最強角なのに、いままでなんで慶應には行ってこなかったんだ・・・ 

19: CoMP

ゲーム制作サークル。正式名称はComputer Media Production。 結成は3年前の2014年。そして今年大学公認サークルとなった新しいサークルです。

サークル属性 大規模チーム制作

新しく結成されたサークル、知り合ったのはつい最近で、相手の方からTwitterでフォローされたことがきっかけでした。自分が三田祭に来ることを楽しみにしているようにも見えた。
制作に「プロジェクト制」を導入していて、1つの企画に多くの人数を集める形式。この形式のサークルは他にもtraPさんやCreativeStaff、MIS.Wちゃんなどがある。

配布・販売 コミケに出しているようです。また、Web公開もある

今年の夏コミC90とその前の年のC88に出ていたようですが、CoMPが慶應大のサークルだと認識していなかったため今までスルーしてしまいました。「CoMP」のサークル名だけでは一般サークルと区別がつかずわからないですからね・・・
公式ページにはいくつか作品が上がっている模様。そこからプレイ・ダウンロードも可能みたいだ。まだ作品数は少ないけど。

いってみて

三田祭のキャンパスはとても狭いので、サークルのブースはどこのサークルも小さい。PC4台だけでゲーム展示をしていた。1台はプロジェクター接続で2人対戦可能。
また、「表情診断」という企画も同時に行っていた。今話題のディープラーニングを用いた展示みたいです。

作品数は全部で5本とあまり多くはなかった。
シナリオ重視の穴掘りアクション「Cure in The Shell」は、ゲームボリュームの割には高い完成度を誇っていた。
※ホラー要素があるので注意
このゲームはかの有名なRPGツクールMV製。しかしシナリオは会話文がウィンドウとして表示されないタイプで、見た目ではツクールとわからないほど手が加えられている。やるじゃん。

CoMPさんは、他大学との交流を希望しているらしい。
ゲーム制作サークルは全体的に、他サークルとの交流が少なく、その手段も少ない。自分がこのことを悩んでいるくらいので、共感者がいてくれてうれしい。
あと、東工大のサークル主催の「Game^3」への参加を招待しておきました。次回はCoMPさんが参加するかもしれない。

注目「やじむし2」
30

矢印を積み上げて行って、黒いいもむしに食べさせる落ちものパズルゲーム。
いもむしは矢印の方向に進んでいき、たくさん矢印を通るほどコンボが大きくなる。いもむしは2回に1回の割合で出現。出現頻度が高いので、消したくないときはいもむし無効化ボタンもある。
2人対戦が可能で対人戦は盛り上がる。また、少々弱いがCOMも実装されている。COM同士の観戦もできる。
ゲームシステム面は十分整えられていて、パズル通の自分をうならせるほどの出来だった。

「2」なので、過去に「1」もあります。やじむし1はUnity製だったのだが、2は意外にもウディタ製。 Unityは高いクオリティのモノを出しやすいが、この手のパズルゲームはウディタの方が作りやすく、バグも出にくいとのこと。(作者談) ウディタは個人開発者の間ではツクールに次いで有名だが、大学ゲーム制作サークルとしてはそこそこ珍しい。ウディタはRPGエディタだが、アクション寄りのものも作りやすいので少し気になる。

このやじむし、第一印象が超有名な落ちものパズル「ぷよぷよ」と、個人的好みのNonlinar作の矢印パズル「べくたーぷらいむ!」を足して2で割ったものだった。開発陣はべくぷらの存在を知っているみたいなのだが、やじむしの原型はべくぷらが完成する前にすでに出来上がっていたという。2作品は別物です。

操作はキーボードなのだが、キーボード入力をゲームパッドに対応させるソフト「JoyToKey」でむりやりゲームパッドに対応させた展示であった。そのせいか、ボタン入力関係で少々トラブルが発生してしまった・・・

置いテクについて
Comp_1

(画像準備中・・・)

CoMPサークルからはサークルマスコット「こんぷちゃん」が参戦決定。公式認定されるのは会議待ちの状態ですが、非公式の形式であっても使用可と担当者が発言していたので、これは出すしかない。

・・・来年は日吉キャンパスの方にも行こうと思います。日吉にもゲーム制作サークルの同業者がいるらしいので。なんで今までずっとノーマークだったんだろう…

次回:  慶應大のガチプログラム勢にK.O.負け?? 11/18(金)
つづく。


チルゴロウです。

11月13日、秋葉原UDXで毎年開催されるゲーム制作者のためのイベント「デジゲー博」に行ってきました。
デジゲー博は第2回の2014年の時から毎年参加してます。

今年の展示について

2、友人

  • 麻婆飯店
    東工大ロボット技術研究会の部長、まーぼうさんがサークルから独立して戦略シミュレーションゲームを出していた。タイトルは「うえぽんでこれーしょん!」。
    いままでの工大祭やGame^3でその作品の進捗を順次上げていたのだが、2年かけてようやく完成が見えてきた。今回はじめて、その作品の配布を行った。タダでくれた。

    Weapon_Hard1

    2年作っているだけあって、戦略シミュのシステムはほぼ完成している。あとはストーリーとステージの追加といったところ。次の冬コミで完成予定。

    まーぼうさんは、昨年のデジゲー博でホシケス2の設営の助っ人として手伝ってくれました。ありがとうございます! デジゲー博でブースを出す人は1人だと自分のブースから離れられないので、ほかのブースを見に行けないんですよね・・・

  • 超OK
    サークル名が「超OK」。「未来楽団グルーヴィオ」等を制作したクルステさんが個人で出している。
    グルーヴィオの主人公「エリ」はホシケス2にも登場している。ホシケス世界王者いわく、かなりの強キャラらしい。
    次回作の置いテクは、キャラ参戦のルールを変更したためエリは現状登場しないですが、クルステさんは今後も応援してくれるみたい。

    超OK
    クルステさんの新作は「Shrine Story / オヤシロ物語」。
    キャラグラフィックはクルステさんの独特なドットイラスト。見た通りのクルステワールド。さらに画面の細部にまで演出を入れるこだわりがある。
    クルステさんは誰でもOKな作品を目指しており、戦闘はかなりシンプル。でもなかなか奥深い。
    「波動開放」「チャージ」「呪い」の3つの行動で戦う。(必殺技は未実装) 呪われると波動攻撃が当たらない。敵の行動パターンを読み取ることが重要となる。

    見ていて楽しいゲームはとても良いゲーム。こちらも冬コミに完成予定。冬コミではまーぼうさんの隣に配置されたらしい。

  • 未来定規
    東工大の工大祭や東大の五月祭によく来ている。いつもSTGの展示・販売を行っている。イベントにはありとあらゆるものに積極的に参加している印象。
    ChaosWorld
    「ChaosWorld」
    蟲(?)とか古代生物(?)とかと戦うシューティング。特徴としては、サインカーブ弾がとっても多いことと、減速ボタンではなく加速ボタンがあること。
    難易度は低めでクリアは比較的容易・・・らしい。でも、むずかしい裏難易度もしっかりと用意。
    未来定規さんはChaosWorldシリーズを中心に、作品制作している。それにしても、何作あるんだろう…?
  • アリスブレイズ
    千葉大CCSのメンバーで構成されたサークル。
    CCSのメンバーは総じて優秀で、多くの部員が独立してサークル活動することで有名。やはり、あのおバカなノリにって技術力が鍛えられるんですね。

    千葉大祭でも展示していた「アイサルビア」を展示。あれはCCSというより、CCSの最強メンバーを集めたアリスブレイズさんの作品だったのだ。このまま次の冬コミで完成を目指している。

    このまえの千葉大祭のCCSの記事はこちら。

  • エンドレスシラフ 
    Akashic

    こちらもCCS出身メンバーのサークル。そこそこ歴史が長い。そしてクオリティが高い。
    夏コミから改良された∀kashicForceの展示を行っていた。(画像は夏コミ版)
    当日は作者との対戦を行う形の展示を行っていた。

    ルールは、上から降ってくる物体に埋め尽くされないように物体を破壊し、相手より長く生き延びること。
    照準を合わせて1つ1つ破壊してゲージを稼ぎ、キャラごとのコマンド技でいろいろ行動を行う。全キャラ共通で持っている、「同じ色が4個以上隣接しているエネミー(物体)を破壊する」技を中心に戦う。
    格ゲーのコマンドを用いた、パズル風の対戦ゲームだ。(作者はこれを「パズル」とは公言していない)

    このゲーム、いろいろと操作が複雑で、慣れるまでとても大変。初めてプレイする人に教えることに相当苦労していたようだ。
    でも自分は夏コミの時からかなりやりこんでいたので、作者とのガチ対戦を申し込んだ。
    結果は・・・・・・ チルゴロウの勝ち! 勝利報酬(?)として過去作の「∀kashicVerse」「エンドレスシラフ(ゲーム名)」をもらった。 作者に勝った人は自分含め2人だけだったらしい。
実は、自分がエンドレスシラフさんのところにいたとき、次に試遊を行った人があまりにも大物すぎる人で驚いた。ゲーム制作同人サークルの神であり、自分のかつてのラスボスといえるあの人がそこにいたのです。
かの有名な東方プロジェクトを生み出した、ZUNさんです。なぜか隣に本人がいました。あまりに急な出来事で言葉を失った。
あたいはそんな神に対しなんて無礼なことを今まで・・・

↑このページのトップヘ