ミツボシクリエイターズ チルゴロウのブログ

ミツボシクリエイターズは、チルゴロウとそのまわりの人たちでPCゲームを作り出そうとしている。

今年もやります。大学祭めぐり。・・・今回行くところが本命です!

第15回は11月20日、九州大の九大祭に行ってきました。
九大祭のためだけに東京から博多まで行くという、常識では考えられないようなことを実行したあたいったら最強っ!

博多駅前の陥没事件がその1週間くらい前にあったけど、事故現場もうすでに埋まっていた。

23: 物理研究部(Qpic)

九州大伊都キャンパスは、かなり新しいキャンパスだけど、結構遠かった。博多駅から地下鉄のって、その先のJRの直通区間から3つ、九大学研都市で降り、そこからバスで20分くらい。周りは田んぼだらけでサイハテを感じた。

サークル属性 大規模チーム制作 / 偉大なるフックちゃん

作品1つ1つを売りに行くような開発スタイル。そしてクオリティが高い。
2014年九大祭で初代SuperHookGirlが登場して以来、一気に成長した。
年に数回部内でGameJam(短期間でゲームを1本作り上げるイベント)を開催しており、それによって技術力が養われているようにも見える。やっぱりガチ勢だった。

配布・販売 Web公開している作品もある

サークルページのダウンロードページに、Qpic部内GameJamの作品を中心に作品が置いてある。初代フックガールもここからダウンロードできる。
NewSuperHookGirlは部内Webではなく、フリーゲーム夢現等で公開。 20000DLに迫るフリーゲーム界でも有名な人気作に!

いってみて

九州大は9時(1日目は天候により12時開始だったらしい)から19時までなので、名工大の時ような目には遭いません! 8時には福岡天神に到着していたので、そのまま行って9時ちょいにはたどり着きました。

会場は各作品が独立して展示されているスタイル。部屋の装飾等に力が入っていてゲームセンターのような雰囲気だった。
部員は黄色いQpicパーカー着用。学祭でサークル専用の服が用意されているところって、やっぱりいいよね。これを用意しているほかのサークルは、東工大traP、首都大AR会、電通大X680x0同好会くらいしかないのだ。

Qpicさんの展示は非常に独特。ゲームをプレイするだけで、4枚100円のチケットを使わなければならない。ソフトを販売するサークルは他にもあるけど、ゲームセンターのようにクレジット(チケット)を消費してプレイする形式は全国でも稀でした。
このチケット制、中にはぼったくりのように感じるかもしれない。でもそれとは対照的に活動費の獲得手段として賢いとも感じた。この手法を東京に持ち帰りたい。(ただし、自分の出身サークルは金を取ってはいけない学則のせいで実現不可)
全てのゲームは10分程度で終了するように設計されている。チケット制であることも相まって、順番整理がとてもうまくされていた。九州最大規模の大学祭なので、交通の便が悪いにもかかわらず来場数はとても多かった。

注目1「NewSuperHookGirl」
30

九大といったらフックちゃん!
2年前の初代フックガールから進化し続ける。来年には新作が決定しているQpicを代表する大型プロジェクト。

フックをひっかけて進む。空中をスピーディに飛ぶ本格アクションゲーム。マウス操作でできるのだ。

九大祭では原作からステージが短くまとめられ、一部新要素を追加されたディレクターズカット版を展示。
原作よりも難所がカンタンになっている親切仕様。それでも初見プレイヤーには厳しい。
逆にやりこんだ人からすればクリアは容易で、チルゴロウはランキングに名を残す。

そして、新作NSHG-UltraChallenge!! の特別体験版も。
新ステージ「ルミナスリゾート」が体験できるのだ。しかし、新作は前作以上の難易度で、しかも前作の技術が通用しない新ギミック満載。

53
あたいは当日クリアできなかったよぉ・・・

注目2「EQLIPSE」
38

Qpicのもうひとつの大型プロジェクト。開発期間は2年と長い。昨年の九大祭でも展示されていて、今年はさらにパワーアップ。
iPadやAndroidのタブレットででプレイできる音楽ゲーム。今年末~来年あたりに公開予定。

奥から手前にノーツが流れてくる。下の4列は一般的な音ゲーでよく見かけるものだが、EQLIPSEはその上に円弧状の判定ポイントがあり、そこにも流れてくる。
タイトルは日食という意味のECLIPSEが由来。宇宙的な見た目が未来感を漂わせる。

クリア判定は画面左のゲージで判定される。クリアラインに乗ってなくても次の曲が選べる。九大祭版では1プレイチケット2枚で、3曲プレイ。他のゲームに比べて割高な設定だが、それでも音ゲーマーが多数並ぶほどの人気っぷり。
31

フックちゃんの「サイハテギャラクシー」も収録されているよ!

置いテクについて
Hook_1s

フックちゃんとピックちゃんはサイハテの地から東京の「おおおかやま」へ。そう、テックちゃんと一緒に置いテクに参戦するのだ。
無線会話のサポート役、ピックちゃんもプレイヤーキャラとして選べる。姉のフックちゃんよりも強いかも・・・
フックちゃんのアレンジ曲も作っちゃいました。(チルゴロウのSoundCloud) フックちゃんのBGMは神曲。

それにしても、フックちゃんとテックちゃんって、名前似てるよなぁ…

そして別れの時・・・ 15時には会場を離れ、7時間かけて新幹線で家に帰るのであった。

次回:  物量で勝負するロッパマン、出動。 11/26(土)
まだまだつづく。トリには東京の大物サークルを残しているのでね・・・

今年もやります。大学祭めぐり。

第14回は11月19日、名古屋工業大の工大祭に行ってきました。
そうです。東京から350km離れた名古屋です。

テックちゃん「工大祭って、おおおかやまだけじゃなかったの?」
落単古墳マン「そうだよー」
落単古墳マンは、名工大工大祭のマスコットキャラ。構内に古墳があり、それにのぼると単位を落とすという都市伝説があるらしい。

22: コンピュータ倶楽部(NITMic)

名工大のゲーム制作サークル。工大祭での作品制作のほかに、「U-22プログラミングコンテスト」へも積極的に参加している。多数の企業がスポンサーとなっているガチな大会だ。意識の高さを感じる。

サークル属性 小規模チーム制作 / 複数人プレイの作品が多い

チームはプログラマ1人、イラスト1人、サウンド1人の3人体制で制作される。プログラマー1人1人がそれぞれの作品を作っていき、イラスト班とサウンド班がそこに配属されるスタイル。中には2つの班を兼任し、2人で作るチームも。
工大祭の作品は、なぜか2人以上で対戦するものが多い。サークルの方針なのか、詳細は不明。

配布・販売 積極的ではない。

サークルページのダウンロードページは存在するが、まだ3本しかない。工大祭では10本以上の作品が上がるのだが、そのほとんどは工大祭で出して終わりのようだ。名古屋という位置的な関係上、コミケ等にもいかないようだ。

いってみて

名工大工大祭には14時40分頃に到着。そしてNITMicさんのブースには15時00分に到着。しかし、今までのパターンにない罠に引っかかってしまった。
なんと、展示時間は15時30分までだったのだ! 大学祭は一般的に17時までやっている場所がほとんど。今まで行った場所は全てそれが当てはまるので、今回終了時間の罠に引っかかってしまったのだ。こんなにも早く終わってしまう大学祭は前例がなかった・・・
そのためろくにプレイすることができなかった。サークルの話もまともに聞くことができなかった。

こんなに早く終わるにもかかわらず、ブースは待ちが5人できるほどの盛況。 ・・・チルゴロウは落胆した。
ブースは全作品を起動ランチャーに入れて展示する形式で、PCは4台くらいだっただろうか?(うろおぼえ)
ゲームパッドは4人分完備と、PC台数以外の展示体制は整っていた。収録作品はクリアファイルにまとめられた一覧が用意されていた。これもたいへんよろしい。待機中にこれを見ることができるからだ。

注目「GoatGhost」
36

ドットがきれいな横スクロールアクション。
攻撃方法が特殊で、自動追尾する青い弾を使って攻撃する。
本来狙いを合わせたり敵の至近距離まで近づく必要がある攻撃要素を、自動追尾弾にしてしまう大胆な発想。そのまま考えると難易度は大幅に下がってしまうように見えるが、ボスはしっかりと避ける必要があるのでそこまでヌルゲーにはならなかった。

このゲームは、以前記事にした「ColorfulTone」の作者、マホウさんが作っている。プログラムと絵の両方を担当したそうだ。

主人公のプリルちゃんがかわいい。

置いテクについて
(プリルちゃん出したいなぁ…)

(当日は15時30分で撤収してしまって、置いテク参戦の話をまともに話せなかった。)

その後、チルゴロウは21時発の深夜バスに乗ってフック岡へ・・・
次回:  サイハテ大⑨州。圧倒的人気のフックちゃん。 11/20(日)
つづく。

今年もやります。大学祭めぐり。

第13回は11月19日、東京理科大の葛飾地区理大祭に凸してきました。
今週は、東京→名古屋→福岡という、総移動距離2000㎞超の発想がおかしい移動計画があります。その最初に訪れたのが理科大です。

21: 情報技術クラブ(ITC)

理科大の葛飾キャンパス完成と同時に結成されたサークル。サークルを作ったメンバーは葛飾キャンパス移転前、神楽坂一丁目通信局に所属していた人が中心だった。今ではすっかりメンバーチェンジしている。

サークル属性 個人~小規模チーム制作・伝統は受け継ぐ主義 / 凸<??

作る作品は1人~数人で作る。プログラム班とDTM班、イラスト班があり、各班はゲーム制作による連携はある。でも、DTM班・イラスト班はゲーム制作主体で動いているわけではないようだ。
ミニゲーム的なものがほとんど。過去には「もすとしょっと」という比較的大規模なSTGが作られたこともある。
このサークルの作品は、DxLibのものが多い。(Unityもそこそこ増えた)
また、作品に添付されるReadmeのフォーマットも、サークルが用意した形式に沿って作られている。これは神楽坂一丁目サークルから受け継がれているものらしい。

このサークルには、「超生命体(凸)」というおもちみたいな生き物が伝統になっている。(サークルのマスコットキャラは、これとは別に用意されている) ITC作品のうち、3割くらいはこの超生命体が登場する作品だったりする。

配布・販売 大学祭で販売。デジゲー博やコミケにも出る。

大学祭作品はその場で販売。同時にDTM班の音楽CDも。
今年のデジゲー博は、残念ながら抽選に外れてしまったようだ。自分が出展した昨年のデジゲー博は、ミツボシクリエイターズのとなりがITCさんだった。時期的にほぼ同じなので、デジゲー博と学祭展示はほぼ同じものが収録されている。

凸してみて

今回ITCさんの直後に一気に名古屋まで行くという無謀な計画を立てている影響もあり、90分しか滞在時間がなかった。正直作品集が買えるからそれやればいいやって感じだった。
部員が変わったせいか、前よりも元気がなくなってるような気がした。設立当時のメンバーが強すぎるだけかもしれないのだが。

理科大のサークルメンバーは、将来的に独立してすごいことをする人が多い。特にDTM班は、同人音楽イベント「M3」にCDを出す人が多い。(サークルとしても出すが、それとは別に)
ゲームセンターにある音楽ゲームに曲が採用された優れた人もいる。
(※今回神楽坂キャンパスには行けなかったので、神楽坂一丁目通信局との共通項も一緒にまとめている)

注目「SIPEMOT」
超集合体

プレイヤーの中に眠る「力」を見つけ出し、それを鍛えるというもの・・・らしいが、ほとんど運ゲー。超能力なんて関係なかった。
「念力(運ゲー)」「透視(運ゲー)」「サイコメトリー(運ゲー)」「物体生成(上の画像。論理的要素がすこし含まれる運ゲー)」「祈り(という名スタッフロール。運ゲー)」の5つが収録されている。運ゲー。
作者曰く、99%が運のゲームが作りたかったらしい。
画像の「物体生成」は、キーボードのA~Zを押して、1つだけある超集合体生成ボタンを見つける。アルファベット順で前後2個以内のボタンを押すと、うっすらとカゲが出るヒントが生じる。5回まで試行できる。解き方を知れば成功確率は1/2くらい?

「超集合体」というのは、サークルの本当のマスコットキャラ「はかせくん」(青いやつ)と、超生命体がたくさん集合したもの。超生命体とはかせくんの作者は同一人物。なぜかはかせくんよりも超生命体の方が有名になっちゃったけど・・・?

ぶっちゃけいうとこれとは違うSTGの方がクオリティは高かったけど、ITCといったら超生命体ってくらい超生命体の印象なので、これを選んだ。

置いテクについて
ITCMochi_s1
ITCといったらやっぱり超生命体! ホシケス2時代の早い段階から参戦が決まっているのだ。
BGMはメンバーの1人、十字ロさんによる専用テーマが使用される。凸<じゃんじゃんじゃんじゃんテーッテレテーッテレテー!!
HPが非常に高い。勝つと王様化し、負けるとパァァン(破裂)。

滞在時間がギリギリで、新幹線に乗るのがギリギリでした。

次回:  チルゴロウ、落単古墳の前で落胆する。 11/19(土)後半
つづく。

今年もやります。大学祭めぐり。

第12回は11月18日、慶應義塾大の三田祭に行ってきました。
慶應の人たちは他の大学よりも学祭中の客引きが物凄いレベルで行われていて、こいつらコミュ強だ・・・ という印象を受けた。ちょっぴり怖かった。

20: Computer Society(KCS)

結成は1959年。歴史の長いサークル。当時は「電子計算機研究会」という名称を使っていたようだ。

サークル属性 個人制作

根っからのプログラミングサークル。DTMもする。とても技術寄りなサークル。個人制作主義で、PCに関するモノだったら何をしてもいいようだ。

配布・販売 コミケに出てる。Androidで公開している人もいる

CoMPサークル同様、慶應のサークルとして認知していなかった。コミケではDTMの曲以外にもプログラム作品を出しているようだ。詳しい実態は未確認のため分かっていな。

いってみて

今年はVR元年というだけあって、VR作品を一番の売りにしてた。VR作品が3本あるのは今までの中では最多。
アクションシューティング×2と、音ゲーがあった。(ただし資料がなくここでは詳しく紹介できない)
その他、動画画像の2値化(白と黒に分ける)プログラムや、「いらすとや」判定機、あとは「Gochiusa言語」という謎に満ちたプログラム言語を開発した人がいた。

注目「スピンアクションクリエイター」
27

これはVRではないのだが、3Dのアクションゲーム。くるっとスピンをして攻撃をする。敵を倒しながらゴールを目指すというルールはいたってシンプルなもの。同じステージ中に、ステージ分岐があり複数のゴールがある。
「クリエイター」というだけあって、ステージを作ることもできる。メインシナリオのステージを進めることによって、編集できるオブジェクトが増えていく仕組みだ。ステージ設計しやすいように、床オブジェクトはキューブ形状を採用している。
3Dアクションを作れるのはなかなかないと感じた。

このゲームはUnity製で、Androidでもプレイできるようになっている。AndroidStoreで公開もしているらしい。
しかし、ちょっと重くて操作方法が複雑・・・ 日本人にはあまり受けが良くなかったらしい。(作者談)

このゲームはたった1人で作られたものだ。テクスチャやサウンドは自作なのかどうかはわからないが、ここまでのものを1人で作り出せるのはなかなかいない。

・・・ゲーム以外のプログラムの分野はやってるレベルが高すぎて、よくわからない作品が多かった。強い・・・

次回:  凸<じゃんじゃんじゃんじゃんテーッテレテーッテレテー! 11/19(金)
つづく。

今年もやります。大学祭めぐり。

第12回は11月18日、慶應義塾大の三田祭に行ってきました。
慶應といったら早稲田に並ぶ私大の最強角なのに、いままでなんで慶應には行ってこなかったんだ・・・ 

19: CoMP

ゲーム制作サークル。正式名称はComputer Media Production。 結成は3年前の2014年。そして今年大学公認サークルとなった新しいサークルです。

サークル属性 大規模チーム制作

新しく結成されたサークル、知り合ったのはつい最近で、相手の方からTwitterでフォローされたことがきっかけでした。自分が三田祭に来ることを楽しみにしているようにも見えた。
制作に「プロジェクト制」を導入していて、1つの企画に多くの人数を集める形式。この形式のサークルは他にもtraPさんやCreativeStaff、MIS.Wちゃんなどがある。

配布・販売 コミケに出しているようです。また、Web公開もある

今年の夏コミC90とその前の年のC88に出ていたようですが、CoMPが慶應大のサークルだと認識していなかったため今までスルーしてしまいました。「CoMP」のサークル名だけでは一般サークルと区別がつかずわからないですからね・・・
公式ページにはいくつか作品が上がっている模様。そこからプレイ・ダウンロードも可能みたいだ。まだ作品数は少ないけど。

いってみて

三田祭のキャンパスはとても狭いので、サークルのブースはどこのサークルも小さい。PC4台だけでゲーム展示をしていた。1台はプロジェクター接続で2人対戦可能。
また、「表情診断」という企画も同時に行っていた。今話題のディープラーニングを用いた展示みたいです。

作品数は全部で5本とあまり多くはなかった。
シナリオ重視の穴掘りアクション「Cure in The Shell」は、ゲームボリュームの割には高い完成度を誇っていた。
※ホラー要素があるので注意
このゲームはかの有名なRPGツクールMV製。しかしシナリオは会話文がウィンドウとして表示されないタイプで、見た目ではツクールとわからないほど手が加えられている。やるじゃん。

CoMPさんは、他大学との交流を希望しているらしい。
ゲーム制作サークルは全体的に、他サークルとの交流が少なく、その手段も少ない。自分がこのことを悩んでいるくらいので、共感者がいてくれてうれしい。
あと、東工大のサークル主催の「Game^3」への参加を招待しておきました。次回はCoMPさんが参加するかもしれない。

注目「やじむし2」
30

矢印を積み上げて行って、黒いいもむしに食べさせる落ちものパズルゲーム。
いもむしは矢印の方向に進んでいき、たくさん矢印を通るほどコンボが大きくなる。いもむしは2回に1回の割合で出現。出現頻度が高いので、消したくないときはいもむし無効化ボタンもある。
2人対戦が可能で対人戦は盛り上がる。また、少々弱いがCOMも実装されている。COM同士の観戦もできる。
ゲームシステム面は十分整えられていて、パズル通の自分をうならせるほどの出来だった。

「2」なので、過去に「1」もあります。やじむし1はUnity製だったのだが、2は意外にもウディタ製。 Unityは高いクオリティのモノを出しやすいが、この手のパズルゲームはウディタの方が作りやすく、バグも出にくいとのこと。(作者談) ウディタは個人開発者の間ではツクールに次いで有名だが、大学ゲーム制作サークルとしてはそこそこ珍しい。ウディタはRPGエディタだが、アクション寄りのものも作りやすいので少し気になる。

このやじむし、第一印象が超有名な落ちものパズル「ぷよぷよ」と、個人的好みのNonlinar作の矢印パズル「べくたーぷらいむ!」を足して2で割ったものだった。開発陣はべくぷらの存在を知っているみたいなのだが、やじむしの原型はべくぷらが完成する前にすでに出来上がっていたという。2作品は別物です。

操作はキーボードなのだが、キーボード入力をゲームパッドに対応させるソフト「JoyToKey」でむりやりゲームパッドに対応させた展示であった。そのせいか、ボタン入力関係で少々トラブルが発生してしまった・・・

置いテクについて
Comp_1

(画像準備中・・・)

CoMPサークルからはサークルマスコット「こんぷちゃん」が参戦決定。公式認定されるのは会議待ちの状態ですが、非公式の形式であっても使用可と担当者が発言していたので、これは出すしかない。

・・・来年は日吉キャンパスの方にも行こうと思います。日吉にもゲーム制作サークルの同業者がいるらしいので。なんで今までずっとノーマークだったんだろう…

次回:  慶應大のガチプログラム勢にK.O.負け?? 11/18(金)
つづく。

↑このページのトップヘ