ミツボシクリエイターズ チルゴロウのブログ

ミツボシクリエイターズは、チルゴロウとそのまわりの人たちでPCゲームを作り出そうとしている。


チルゴロウです。

11月13日、秋葉原UDXで毎年開催されるゲーム制作者のためのイベント「デジゲー博」に行ってきました。
昨年はミツボシクリエイターズで「ホシケス2」を展示しましたが、今年は一般参加です。

今年の展示について

1、得意先

  • 東工大 traP
    今までの制作作品2年分を1枚のCDに入れて販売。500円。
    また、東工大主催のゲーム展示イベント「Game^3」のイベント宣伝をしていた。「Game^3」はあれでも学生以外の参加もできるので、今後デジゲー博参加者から展示希望者が来てくれることを楽しみにしてます。
    Ponoko_1_1
    あと、置いテクにtraP枠で「ぽのこ」が参戦することが決まりました。さらに、キャラBGMの提供など、traPサークル全体で協力してくれるみたいです。うれしくて気合が入ります!

  • 東京工科 CS
    大学祭で配っていたCDと同じものを無料配布。元CS部員だった自分のことを知らない、後輩部員が店番を担当していた。
    すっかり世代交代していた。14年作品の「ナマコ」すら知らなかったようだ。
    最近大きな成果をあげられていないCSサークルだけど、イベントへの参加は今まで通り積極的な姿勢でよかった。学祭含むイベントに出なくなったらそれこそ本当の終わりなので…

  • 千葉大CCS 
    CCSはまたやらかした。デジゲー博直前の1日でとんでもない即興ネタゲーを用意してきたのだ。今回の展示はこの4作品で、作品の販売はなかった。
    35
    上の2つは千葉大祭の収録作品。若干修正が入っていた。
    左下はおでんの具で、体当たりしたり避けたりして相手を壁にぶつけつつ生き残る対戦ゲーム。素材の8割が「実写」。
    右下は問題作。だし汁に手(実写)を突っ込んでおでん(やっぱり実写)を取る、制作期間1日のゲームだ。Siv3D製。熱湯に手をダイレクトに入れる発想からおかしい。まさに「真のあほげー」
    こういうおバカなゲームを生産するのがCCSの伝統である。このノリ、好きだよ。

  • 静岡大 ICON
    昨年チルゴロウが遠出して訪れた浜松のサークル。当日は大学祭の静大祭が同時開催されていた。デジゲー博申し込み時には日程が決まっていなくて、後日ダブルブッキングが発覚してしまい、学祭中、デジゲー博に数人を派遣する形となった。
    ゲーム作品はWave制STGとUnityちゃんの2Dアクションが1つずつ。デジゲー博は本当にすごいサークルが集まるので、まわりに押され負け気味だった・・・

    ちなみに、置いテクへの参戦はしないことを表明しているサークルでもある。選択肢的には正解だとは思う。だってサークルのキャラが外部で利用されるんだから、それだけリスクも生じるわけでもあるし。
    ミツボシクリエイターズの企画は、強制参加ではないのです。

  • 長岡技術科学大 ソフトウェア開発サークル
    新潟県のサークル。2年連続でデジゲー博に参加。今までデジゲー博でしかあったことがない。
    VRのロボットアクション「Kerberos simulator VR」を制作していた。
    VR+ヘッドホン+Wiiリモコンの重装備で体感する臨場感は圧倒的。操作はちょっと特殊だけど、射撃するとリモコンが振動して実際に弾を出しているような感覚だった。技術力が光る作品でした。
    やっぱりプログラムの技術者が多いので、置いテクに参戦できそうなものはなかった。え・・・ゲーム中に操作していたあの機体は? →その手があったかもしれない。 でも今年はひとまず待機かな?

こんな感じで自分の得意先(大学系列)のサークルさんはいいものを作っていました。
デジゲー博は出展希望者、参加者ともにどんどん大きくなっている。(参加者が多すぎて参加に必要なカタログが売り切れて大問題になったらしいけど)
来年も楽しみ。

次回の投稿は、デジゲー博の大学サークル以外のサークルさんを紹介します。 

今日は大学祭関係のことではありません。でも、制作に関するお知らせがあります。 

自作曲の「Starland」「StarLight」の2曲で、マホウさんが作った音楽ゲーム「ColorfulTone」の譜面を作りました。
ColorfulToneは完成度がとても高い作品ですのでぜひプレイしてください。Siv3D製です。

20161112-185902-242


譜面データはこちらからダウンロードできます。マホウさんの公式ページではアップされる予定はないので、ここから入手してください。

導入方法
  1. 本体を持ってない人は、マホウさんの公式ページから、ColorfulTone本体をダウンロード。(このとき初期収録曲のデータも一緒に落とすとよい)
  2. チルゴロウ作の譜面を「譜面データはこちらからダウンロードできます」からダウンロード。(GoogleDrive上に置いてある)
  3. 譜面データのZIPを解凍し、本体の「Music」フォルダの中に解凍フォルダごと入れる(中身を取り出して、初期曲フォルダの中に入れるようなことはしなくていい)。
  4. 起動すると自動的に読み取ってくれる。
あそびかた
20161112-190018-524
背景はジャケットのイラストになるのだが、描画方法がすごい!!
  • 画面中心に向かってノーツ(丸い物体)が飛んでくるので、タイミングよく押す。タイミングは基本的に音と連動しているのでリズムよく。
  • タイミングの正確さで、Perfect、Great、Good、Missの4段階で判定される。前者であるほど高評価。
  • 使用するボタンは3つ。キーボードの「F」「J」と、「スペース」(変更可)。赤色は「F」黄色は「J」青色は「スペース」を押す。また、橙(赤+黄)紫(赤+青)緑(黄+青)の2色を混ぜた色のノーツが出てくる。それは2つのボタンを同時押しする。黒色は全部同時押し。白色はボタンをすべて離す。
  • 長押しノーツも出てくる。長押しは開始の判定時に押し、終端まで押し続ける。終端のタイミングで離す必要はない。
  • よい判定を多く出し、達成率80.00%以上でクリアとなる。97%以上で最高評価のAAAとなる。
チルゴロウの譜面について
  • Starland  難易度 3・6・10 ヒカルくんの曲。
  • Starlight 難易度 2・6・9 マイちゃんの曲。
    両譜面とも、Hardの表記が「Hoshikes」になっているが、意味としてはHardと同じ。
  • StarlandのHard(Hoshikes)は、初の白色ノーツ使用曲。

    作者のマホウさんは、Starlandの最高難易度をフルコンボ&AAAクリアしたらしい。 やられた…

ColorfulToneは、作者の方から譜面ファイルの中身を見たり、そこから新たな譜面を作ったりしてよいことになっています。譜面制作のマニュアルとかツールとかはまだないですが、自作譜面を作れる人は作ってみるのもいいでしょう。ここに作った人がいるんだし。

今後、もしかしたら自作譜面第3弾以降も作るかもしれない。

20170113追記
追加譜面を作りました。ながれぼシュー7面のヒルリルBGM「コロッケ妖精」 が追加されました。 
譜面データはこちらからダウンロードできます から最新データがDLできます。
  •  コロッケ妖精  難易度 2・5・8 すこしやさしめです。100.0%も比較的取りやすいと思います。

    譜面動画も作ってみた。
ColorfulTone、もっと有名になってほしいなぁ……

今年もやります。大学祭めぐり。

第11回は11月6日、芝浦工業大の芝浦祭に行ってきました。
一部の人がよく行くであろう東京ビッグサイトにかなり近い豊洲にあるのだ。

18: 芝浦工業大学電子計算機研究会(Den3)

電子計算機研究会というサークル名ですが、CCSではありません。というより、電子計算機研究会が普通すぎるネーミングなのでニッポン全国にけっこうあるらしい。

サークル属性 個人制作・ハードウェア寄り

班としてはCG班やDTM班もあるが、ほとんどがプログラム班。ゲーム制作する人と、電子工作的なものでさらに分かれる。

配布・販売 なし

作品数自体少ないし…

いってみて

18


今年はSuperMarioMakerみたいな、ゲームのステージを作るゲームが展示されていた。なんと、ゲーム制作体験ができるのだ!
しかし、なぜかアナログ。謎。
方眼紙に、鉛筆で数字を書き込む。数字の1は床、数字の2は敵というように割り振られている。プレイヤーキャラのデザインも決められる。
そのようにしてステージを設計したら、それを部員がPC上に打ち込むという、極めて原始的で効率の悪いステージ制作であった。
チルゴロウの過去作「ちゃれんじすふぃあ」では、EXCELでステージが作れるパズルチックなアクションゲームを作っていた。これと同じようにせめてPC上で編集できる状態にしてほしかった。
子供たちはそれでも満足してたみたいだけど。

制作ゲームの展示物はこれだけ。ほかにはVRのジェットコースター(見るだけ)と、例の音ゲー(弐寺)コントローラーがあった。

とりあえず残りの時間は弐寺の練習をやりまくってた。
ちなみに、チルゴロウはSP4級です。 ・・・段持ちじゃないのでざこです。 3級受かってシグシグちゃんと仲良くなりたい・・・

ようやく11月第1週が終わったよぉ・・・ でも、本命はまだ残っている。
いよいよ始動、往復2000kmの超特大プロジェクト!

次回予告: でも、その前にデジゲー博もあるよ。
つづく。

今年もやります。大学祭めぐり。

第11回は11月6日、芝浦工業大の芝浦祭に行ってきました。
一部の人がよく行くであろう東京ビッグサイトにかなり近い豊洲にあるのだ。

17: デジクリ

まともなゲーム制作サークル。学祭のある特徴から、他のサークルとは違った方向性を持っている。

サークル属性 小規模チーム制作・遊びやすさ重視

ゲーム制作サークルは数あるけど、デジクリさんは遊びやすさを重視したゲーム作品が多い。なぜならば、芝浦祭デジクリブースの来場者のほとんどは、地元の小学生だからだ。この年代の人ばかり来るから自然と簡単な遊びやすいゲーム作品になってしまうという。

配布・販売 なし

配布販売はないが、芝浦祭では10年分以上の過去作品を用意している。

いってみて

例年通り自分以外ほとんど小学生。早稲田のみすちゃん等はもっと高い世代が集まるので、それとは対照的だ。

年季の入った伝統の時間計測機能付きJava製ランチャーにほとんどの作品が詰まっている。
時間計測機能で順番待ちを管理している。小学生が多いと順番待ちとかかなり厄介なことになるからね・・・ ありがたい機能なのだが、チルゴロウのプレイ時間も制限されてしまいすべての作品(新作)に目を通すことができなかった。

注目1「Trick and Treat!」

19
コウモリがお菓子をもらいにトリックオアトリートするアクションゲーム。上下左右に移動できるRPG風のマップ上を進む。
現在の時間が昼か夜かでするべき行動が変わる。夜の状態はコウモリ君のターン。人にそのまま当たるだけで倒すことができ、お菓子ももらえる。でも昼の状態はゲキヨワコウモリになってしまう。この状態で当たるとゲームオーバー。
・・・なんだけど、ゲームオーバー画面がとってもしあわせそう!(上の画像がそうです) これほどゲームオーバーでうれしさを感じたゲームは今までになかった。これはすごい良作。
自分的には、ゲームオーバーの表し方はとても重要。何らかの工夫を加えてほしい点であると思っている。

ちなみにSiv3D製! ほかにもSiv3D製作品はいくつかあった。デジクリさんにもSiv3Dが普及しつつある。

注目2「チルノランナー」

06

今年の1番人気。氷の妖精さんが走ってクリスタルを回収するスコアアタック。氷の妖精さんかわいい。
図のように遊び方がゲーム中で確認できるようになっている。図の氷の妖精さんかわいい。
エンドレスに走り続けるだけの簡単なゲームだけど、本当にエンドレスにできるようにはなってない。たまに飛んでくる敵につい当たってしまうのだ。

また、ゲーム中には画面下部に氷の妖精さんのメッセージが自動的に流れてくる。「あたいの名前おぼえてる?」とか「だからあたいは最強だって」とか、地味ではあるがこういうのがあると見ていて楽しい。 氷の妖精さんのセリフかわいい。

チルノランナーはDxLib製。かつてものすごい採用率を誇っていたDxLibも、今年からUnityの時代に入って見る数が大幅に減ってしまった。

ちなみに、チルゴロウの「チル」は、この氷の妖精さんのことを指している。氷の妖精さんかわいい。

置いテクについて

氷の妖精さんは・・・出ません。(ホシケス2では強引に隠しキャラにチルノがぶち込まれているのだが、置いテクはあくまでも「大学サークル対抗戦」なので、出さない宣言)
でも、チルゴロウもいつか東方キャラのゲーム作るかも… キャラ素材あるし…

Digilion_4_1
ロン! 大三元!
デジクリサークルから参戦するのはデジライオン。サークルのマスコットキャラ。たてがみが歯車の形のライオンだ。貴重な動物枠。サークル内には普及しているようだ。
かつてはLineスタンプにもなったのだが、何らかの問題で消滅してしまったらしい。

・・・氷の妖精さん推しすぎてゴメンナサイ。

次回:  CCS? いいえ、Den3研です。 11/6(日)
つづく。

今年もやります。大学祭めぐり。

第10回は11月6日、中央大の理工白門祭に行ってきました。
理工白門祭へは2011年から毎年行っている。他と比べて昔から足を運んでいる大学祭なのだ。

あと、名前がミツゴロウから「チルゴロウ」に変わりましたが、いつも通りでおねがいします。

16: 情報工学研究部

チルゴロウが大学祭めぐりを本格的に始める前から知っていたサークル。

サークル属性 小規模チーム制作・学年ごとに分離

このサークルは3人くらいがチームを組んで作品を作る・・・ と、一見普通のゲームサークルなのだが、チームの組み方が独特である。学年ごとでチーム分けをしているのだ。
他のサークルでは学年関係なくチームが組まれることがほとんどなのだが、どうしてここまで厳密に学年で分けているのかは知らない。でも、1年生だけの企画でもしっかりと完成まで持ち込めるのはある程度の技術力が養われている証拠でもある。

配布・販売 理工白門祭限定で無料配布

6年分集めていますがずーっと変わらない配布体制。基本的に理工白門祭と、学術研究発表会というイベントでしか展示を行っていない。

学術研究発表会というのは、特定の工学系大学の理系サークル(ロボットサークルや自動車サークル、あと物理化学生物地学・・・もちろんゲーム制作サークルも)が合同で行われる展示会。
おカタイネーミングをしているけど、学生サークルの合同展示会なのだ。一般参加も可能。
開催地は毎年変わり、2016年の学術研究発表会は12月11日に、中央大後楽園キャンパス、つまりここで開催されるのだ。チルゴロウは学術研究発表会も参加予定。記事も作るのでお楽しみに。

いってみて

学祭最終日の真っ先に来場。配布CDは無事取得したが、配布CDは昼前になくなってしまった。
ランチャーはなく特殊な装置を使う1作品を除いた各作品が同じPCの中に入っていた。当日は10作品+1あり、例年よりも多かった。

注目「Dust Planet」

39


ゴミを拾いながらゴール(ゴミ収集車)を目指すアクションゲーム。Unity製。
攻撃という攻撃が一切ない平和的なアクションゲームだ。
敵にやられることはなく、落とし穴もない。敗北条件は電池切れだけ。
ゴミは、たいあたり(もしくは乗っかる)で回収できる。大きいゴミほどたいあたりを多く行わないと回収できない。でも、大きいゴミは踏み台にして高いところにのぼる手にも使えたりする。ゴミのあたり判定にはUnityらしい物理演算が使われている。

4面までステージはある。ステージごとにスコアアタックができるようになっている。また、4面クリアするなどの条件を満たすと、プレイヤーの装備が変化しスコアアタックに有利になる。4面はなかなか高い難易度。初見クリアには至らなかった。

欲を言えば、メニュー画面がマウス操作でメイン画面がキーボードだから、片方に統一してほしかった。
Unityでよくある光景なんだけど、シーン切り替えのボタンとかだけマウス操作で実装しちゃうのが多いんだよね。

置いテクについて

このお掃除ロボットが中央大情研枠に入らないかなぁ・・・
一度置いテク参戦の話をし、おねがいはしたんだけど、即OKということにならず連絡待ちということに。でもこのサークルの部員とはまともに連絡が取りあえないのが大きな壁となっているのだ。6年間「おばけぼうし」をかぶって通い続けてはいるのだが。

次回:  ⑨<あたいったら最強のランナーね! 11/6(日)
つづく。

↑このページのトップヘ