今年もやります。大学祭めぐり。

第4回は10月29日、横浜国立大学の常盤祭に行ってきました。時期かぶり等があって昨年は行けなくて、3年ぶりの参加。

07: SCITEX

初めて出会ったのは2012年。その当時はパソコンゲームを作る人が多く、翌年の2013年にはデジゲー博というゲーム専門のイベントにも参加していました。 2014年には学祭不参加してしまったが、昨年復活。

サークル属性 個人制作 / 総合パソコンサークル

40年続いている歴史あるコンピューターサークル。ソフトウェアだけではなく、ハードウェアとか電子工作とかにも手を付けている。幅広い活動分野を持っているのが特徴。
作るものは各自でバラバラ。その人の持っているスキルで作るものが変わってくる。

配布・販売 今年はPCゲーム作品はなかった。その代わり部誌のデータが入ったCDを販売

2013年の時は、ゲーム展示もありその作品をCDに入れていたが、今年はなかった。
今年は、部員が各自で記事を文章に書きだした部誌を出していた。なぜか冊子ではなくCDの中にデジタル形式で入っていた。印刷コストの問題?

いってみて

今年は完全に音ゲー会場と化していました。
ゲームセンターにおいてある、3種類の機種(弐寺・ポップン・ボルテ)のコントローラーを自作した人がいて、それとネットワーク上で広まっているPCソフトに接続してプレイできる形となっていた。

あまり来場者数は多くなかったので、自分はつい2時間くらいやり続けてしまいました。
押してみた感触は割とよくできていて、特にボルテ風デバイスの「つまみ」の感度が高いのに高評価。ただしメニュー画面で謎の処理落ちが生じて曲選択しにくかった。

SCITEXさんは部員不足に悩んでいるみたいです。音ゲーコントローラーを作った部員は4年生で、来年以降出せないみたい・・・
なくならないでほしい・・・


次回: 次は―北千住―北千住― 10/30(日)
つづく。