今年もやります。大学祭めぐり。

第6回は11月3日、首都大東京のみやこ祭に行ってきました。キャンパスが南大沢駅のすぐ近く。大学祭とは別に、駅前で地元のお祭りも同時開催していました。

10: ゲーム制作サークルAR会

首都大の南大沢に建つサークル。「拡張現実」という意味のARのことではないです。
「こうじろう」という、伝統の油そば屋台を出しているのもこのサークル。他の模擬店を圧倒するほどの大行列が並んでいた。

サークル属性 小規模チーム制作 自作素材は少なめ

グラフィッカーやモデラーが少ないのが現状。サウンド担当もほとんどいない。自作素材の生産者は少ない分、Unityアセットなどの既存素材を組み合わせて使うことに特化していった。UnityにはUnityちゃんもいる。
もちろん作れるものはいくつか自作している。
主な仕様ツールはUnity。ほかにはウディタなど。 Unityメインに切り替える前はDxLibを使っていたのだが、切り替えて正解といえるほど作品のクオリティは上昇している。

配布・販売 なし

こうじろうはたくさん売っても、ゲーム作品は売らないみたい。

いってみて

作品ごとにブースを分けて展示するスタイル。いろいろあった。
謎解き脱出ゲームやFPSにシミュレーションRPG、ノベル、さらにはアナログのすごろくまで展示。
作品数は多い方。

注目「Active Ride」
22_1


3Dのロボットアクション。2人対戦。タイトル名は見ればわかるように「A」「R」が頭文字。
3機の機体からそれぞれ1つ選んで、2画面分割されたフィールド上で対戦する。単純にミサイル撃って戦うだけなのだが、3Dで縦横無尽に飛ぶ姿は迫力がある。一目見てすごいと思った。
この作品は制作続行中であり、来年3月に完成予定。第5回Game^3の参加も考えているらしく、展示されれば優勝候補になるのではないかと考えている。Game^3の場において対戦ゲームは強いから。

置いテクについて

CharaFrame2_2425

大学サークル対抗戦ゲーム企画の「置いテク」。AR会さんからは今年誕生した「A」と「R」をイメージした2人が参戦します。参戦登録は今年の3月に既に決まっていましたが、今まで名前が決まっていませんでした。
そこで名前を聞いてみたところ、部内で仮につけていた「アルティメットちゃん」「リアジュウくん」で定着してしまったらしい。その名前が正式化してしまった。
(おい、「アルティメット」って「Ultimate」だから「U」じゃん…… あと「リアジュウ」くんって、いくらなんでもテキトーすぎ……爆破対象になりそうでかわいそう……)
そんなツッコミどころがある2人だけど、参戦します。現在リアジュウ君の画像を生産中です。おたのしみに。

AR会さんは部員のテンションが高く、やれる限りのことをやりきっている良サークルだと思いました。 あとこうじろうもおいしかったです。

次回: ABの1年後。すごい1年が入ってきた! 11/3(木)
つづく。